「N」を中心とした「T/D」の絡みは、音の変化が顕著に現れます。

「N」の後ろにある「T/D」は、N化するような変化を伴い、

「N」の前に来る「T/D」は、今回の事例のように「消失」する変化を伴います。

「But we are certain that it was Miss Suzumiya who closed the access to the past.」

例文の「certain」の発音記号は[sˈɚːtn]であり、今回のルール「Nの直前のT」に該当します。Tが消え、間だけが残るように聞こえます。Tを口から空気を抜かずにそのまま次のnの音に移るので、鼻の中に籠ったような音になります。カタカナ標記で表現すると、[sˈɚːn](サァーン)という発音となります。

「After being showered from behind by Haruhi’s aura of unpleasantness all day, I fled to the safety of the clubroom, much like a rat running from a brush-fire.」

難しい単語になりますが、「unpleasantness」の「t」の発音は打ち消されてしまっています。これも、後続に続く「n」の発音のため「t」が省略される形となっています。

次に「N」の前の「D」が消失する代表例、「wouldn’t」系を紹介します。

「She told me that she wouldn’t mind it.」

この「wouldn’t」は、

①語尾の破裂音は省略され

②「n」の直前の「d」が消失し、

カタカナ標記するならば、「ウウn」という標記になります。「n」は歯の裏に舌をつけて詰まるようなンを意識しましょう。

「I couldn’t believe what I was seeing yesterday–a couple of bunny girls hanging out by the school’s main gate!」

「couldn’t」の表現も、nの直前dが消失し、語末のtの省略され、発音は「クウn」となります。

「I mean, shouldn’t important stuff like that be done face-to-face, not phone-to-phone.」

これ例では、「shouldn’t」は、「シュウn」といった発音。

「I can’t believe I didn’t realize it before.」

最後の例は「didn’t」です。中学英語では「ディディント」と学びましたが、実戦では「ディn」と発音します。

 

スポンサードリンク