「m」の発音と「g」の発音は相性がどうも悪そうです。

「m」の発音は、両唇を閉じて鼻が抜く発音。片や「g」の発音は舌の付け根を上顎につけて弾く発音。

口の「先端」と「最奥」の発音同士をつなげようとしても、間に合わない現象が発生いたします。見てみましょう。

「I think I’m gonna pass.」

はっきりと発音されない「g」の発音具合が確認できたでしょうか?

意識して省略しようとしているのでなく、「m」の発音と「g」の発音を組み合わせると自然と舌の動きからこのような灰色の発音変化となるようです。知識としてこのような変化をすることを理解した上で、バイエルでひたすら聞き取りとシャドーイングをして、運動野にこの変化をあなたの舌に染みこませることで、リスニング力が向上します。次の例も見てみましょう。

「Oh, don’t worry, I’m gonna wear it.」

これも微妙な発音です。「g」を発音していると言えばしている。していないと言えばしていない。この微妙な感覚が、mの発音の後の「g」に発生いたします。

「I’m gonna change again when I get to the clubroom.」

このルールは全ての「m」の後ろの「g」で発生するわけではありません。話者によっては、自然にこういった省略を好むような感じなので、知識レベルで押えておくレベルで問題ないかと思います。

 

 

スポンサードリンク