8-4話。主人公が犬鳥島の繁華街、ダイエーで友人たちと落ち合うシーンです。島の発展を幼少の頃から見ていた友人の昭如の台詞です。

 時間は丁度9時になろうとしている。あれ。言っていなかったか。週末は、この3名で連んで遊ぶことが多いのだ。9時には、この島唯一の総合商社ダイエーが開店する。開店から閉店まで、びっちりと冷暖房完備のダイエーで過ごすのが、シティーボーイの週末のスタイルだ。
「しかし、犬鳥駅も栄えたな。three-ring circusがこんなに増えるなんて。。俺はやるぞ。俺はこの駅前のように晴れやかな人間になってみせるぞ」

three-ring circusとは、アメリカ独特のサーカスの舞台のスタイルを指します。

一つのテント内に舞台(リング)が三つあって、各リングで別の演目が披露されるという形態で、それをThree-ring(三つの舞台) Circusと言います。

右の舞台では綱渡り、真ん中ではピエロが踊り、左の舞台では虎が人を襲う。まさしく、どれに目を移せばいいかわからないぐらいの賑やかな状況から派生して、「にぎやかで楽しいこと」という意味で使われます。

 

スポンサードリンク