リンキングの例です。「I」は色々な接続詞や助動詞と組み合わせるパターンが頻出で、前の単語の最後の音が子音の場合は、母音で始まる「I」とよく頻繁に、音が連結(リンキング)します。例を見てみましょう。

「It was right about this time that I was thinking to myself; “Oh, man… these girls really aren’t human.”」

「that I」の「that」の子音と「I」がつながり変化します。「t」が母音に挟まれフラッピング化し、D化/R化をして「ザダイ」もしくは「ザライ」という音に変化をします。この「that I」(ザダイ)は頻出です。もう一つ例文を見ておきましょう。

 

「Oh? Well, I remember that you were the one who told me that I had a mole here.」

この頻出「that I」の兄弟分とも言えるのが、次の「but I」(バダイ)です。これも同様に母音に囲まれてフラッピングをしている変化になります。

「I am sorry, but I thought that if I’d at least give you a hint, this is the best I can do.」

これも話者によっては、(バダイ)もしくは(バライ)とR化して表現されることもあります。

 

 

スポンサードリンク