4-4話で、主人公のクラス担当の「朝霧 萌」先生との妄想を広げるシーンです。

ふふふ。この萌先生にはいつか、プレイベートレッスンで、the birds and the beesをお願いしよう。そういや、そろそろ家庭訪問のシーズンだったな。唯を家から追い出して、下剤を用意して、カメラを設定して。うっかり、珈琲をこぼして「ごめんなさい。萌先生。お風呂を用意してます!」なんて。ふふふ。色々準備をすることは山盛りだ。

日本で言うところの「コウノトリが赤ちゃんを運んでくる」に相当する表現です。大人が子供に性教育をする時に、お父さんの雄蕊とお母さんの雌蕊がと、ストレートに説明できないのは、万国共通ということでしょう。何故、鳥と蜂なのかは由来には諸説ありますが、19世紀の詩、または20世紀のおとぎ話が出所と言われています。まぁ、昔のようにインターネットなどがない時代は、野原に一緒に親子で出かけて、木々に居る鳥の巣や、花の上で戯れる蜂を指して、性教育を教えていたのではないかと想像します。

 

スポンサードリンク