nに続くthの「n化」でも説明した通り、「in the」の発音は「インナ」となりますが、「in a」も「インナ」という発音でカタカナ標記では双方同じ発音になりますが、ネイティブはこの違いを聞き分けます。どう聞き分けるのでしょうか?

まず、「in the」の発音を聞き分けましょう。

「It’ll just get in the way of our club’s activities.」

では、続いて「in a」も聞いてみましょう。

「Someone with glasses, or in a maid costume or anything fetishy.」

どうですか?両者の違いはわかりますか。どちらも「インナ」じゃないか、と下唇を噛んで憤慨されるかと思いますが、違いは語尾のイントネーションです。

in the way:(インナ↑ ウェイ)

in a maid:(インナ↓ メイド)

このように、発音自体は同じですが後続に続く単語を迎えるに対して、上昇イントネーションで迎えるか、下降イントネーションで迎えるか、この違いでネイティブは聞き分けているのです。我々英語学習者には、正直聞き分けは難しいですが、こういうルールがあることを肝に銘じておきましょう。では、まとめです。

「Time-traveling is moving in a three dimensional direction along the various time planes. I’m from the future, that means, on this time plane, I’m sort of like an extra picture in the middle of one of those flip-book animation things.」

in a three dimensional direction :(インナ↓ スリー・・・)

in the middle of:(インナ↑ ミドル・・・)

ネイティブはこの違いを感覚で使い分けます。日本人が「橋」と「箸」を無意識に使い分けるのと同じようにです。初心者の我々はまずルールを頭から理解し、今後のヒアリング学習の中で事あるごとに反芻し、いつの間にか肌で聞き分けるようにしたいものです。

スポンサードリンク