第2-6話で、教室に居残る主人公と勘違い委員長「佐倉桜子」の会話シーンです。

桜子は、bill and cooするような口調で、僕に甘い声で語りかけてくる。

coo は日本語的に「クック、クック」というハトの声。ハトの擬音 coo は「甘いささやき」という意味合いにも用いられ、同じ鳥関係の単語である「 bill (くちばし)」は恋人同士のキスの意味にも使われます。この2つを重ねて「 bill and coo 」で「(恋人同士が)くちづけして愛をささやきあう」を意味します。つがいの鳥がくちばしをつつきあい、クックと鳴き声を出す様からそういうイメージにつながったものです。

スポンサードリンク